レビトラ使用中の注意事項

正規品LevitraレビトラはED治療薬としてバイアグラの次に誕生した薬物です。バイアグラの欠点を補強した形で2003年にドイツのバイエル社から作られました。その効果が早く、そして副作用も少ないです。世界2番目のED治療薬として世界のED患者に愛用されています。しかし、レビトラもバイアグラと同じく間違って使用すると、副作用を招く恐れがあります。こちらはレビトラ使用中の注意事項をまとめてみました。

レビトラには、5mg、10mg、20mgの3種類があります。20mgの効果が一番強いです。基本的には健全な成人男性であれば、レビトラの使用には特に年齢の制限はありませんが、加齢性によるED患者は薬の代謝が遅くなるため、レビトラ10mgからご利用することを勧めます。20㎎錠は10㎎錠で弱かった方や糖尿病など動脈硬化が強い器質性EDなどのED症状の強い方が服用します。レビトラ20㎎錠は65歳以上の方には適応がありません。

レビトラは食事やアルコールの影響を受けにくいと言われますが。より効果を得るには空腹で服用をお勧めいたします。また服用前は油分の多い食事は避けるようにしてください。

性行為の前25~60分前に、通常10mg、最大20mgまで服用します。また、服用は成人男性に限ります。

高齢者の方(65歳以上)、中等度の肝障害のある患者は、本剤の血漿中濃度が上昇することが認められているので、通常10mg、 最大で20mgまで服用して下さい。

医師の指導、または自己責任に基づいて服用して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です