レビトラの効果的な服用方法

レビトラとは、有名なドイツのバイエル社によって開発されたED治療薬です。最初のED治療薬バイアグラの次に誕生しましたが、世界で第二位のED治療薬とも呼ばれています。レビトラの有効成分バルデナフィルはバイアグラの主な成分シルデナフィルクエンと同じ、PDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)阻害剤とも呼ばれています。それで、勃起促進、勃起力の向上に素晴らしい効果があります。

作用機序によって具体的な効果というと、勃起は性的刺激を受けて、血管を拡張させる作用があるcGMPという物質がペニスのなかで増加し、海綿体の血流量が増えることで起こります。その後、cGMPを分解する作用を持つPDE-5という酵素が分泌されて、勃起はおさまります。レビトラの成分バルデナフィルはこのPDE-5という酵素の働きを邪魔をする作用があり、これによってレビトラが勃起の持続を助けるのです。

レビトラの十分な効果を保証するために、効果的な服用方法を身に付けることが必要です。1日1錠を性行為の約30分前に服用します。飲んでから15~30分くらいで効果が現れはじめますが、多少は個人差があります。レビトラの作用持続時間は、レビトラ10mgで最低5時間、レビトラ20mgで10時間程の効き目が確認されております。服用の間隔は24時間以上必要ですのでご注意下さい。レビトラはお酒や食事の影響を受けにくいですけど、食事や飲酒量が多いと、レビトラの効果が薄れてしまうことがありますから、空腹時でアルコールの併用を避けて服用したほうがいいと考えられています。