レビトラの主成分に関する情報

正規品LevitraレビトラはED治療薬としてバイアグラの次に誕生した薬物です。バイアグラの欠点を補強した形で2003年にドイツのバイエル社から作られました。男性機能の勃起不全や、勃起を持続できないか方の治療に効果強いと言われます。現在たくさんの方に愛用されています。これからレビトラの主成分について紹介します。

レビトラの主成分は「バルデナフィル」という成分です。その効果は陰茎海綿体で勃起に関与するPDE-5という酵素の働きを抑え、陰茎周辺部のNO作動性神経に作用して、男性器の中にある血管を拡張させる物質を増やす作用があって、ペニスに大量の血液が流れ込み、男性器の勃起を促進する効果があります。そして、水に溶けやすいという性質を持っています。そのため、5分後に血中の濃度が最高に達します。効果を感じることも早いです。レビトラのその即効性はED治療薬の中で一番早くなっております。服用後、15分後に血中の濃度が最高に達します。2時間-3時間程度後、効果も変わりません。レビトラを服用4時間後、効果は半減になります、4-8時間後、半減期に勃起を延長します。空腹時にレビトラを服用すれば最低5時間~6時間の効果が見られます。

シアリスやバイアグラなど、他のED治療薬と比べて見れば、レビトラの即効性が一番で、それに副作用も少ないです。ただしレビトラはシアリスとバイアグラと同様に性欲増進作用がありませんので。性的刺激を受けないと効果はでません。レビトラはあくまで勃起をした時の維持をサポートする薬です。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です